やさしさに

いつでも逢える

Photo Diary from Onomichi

   

紫陽花 3  NO 6370


一昨日は 午後から慌ただしい時間を過ごしました!
社用で出かけたり現地案内をしていただいたり 帰社したのは19:30過ぎ
帰宅した21:00頃まで 本当にバタバタでしたが 体調が万全でないので
ちょっと調子に乗り過ぎて 気を付けなければ! と思いました!
さて
昨日は 山岳地帯のご自宅へ 久しぶりのご自宅なので大丈夫かなぁ?
車が途中までしか入らないようなので 歩きも覚悟!! で出かけ (^^;)
担当が終わったら 少し体を休めなければ! と思うほど疲労を ・・・
本日は 朝から丸一日の長~い講習があります! その後 試験も!
試験にパス出来るよう 頑張ります !(^^)!

それでは 今日も元気にお過ごしくださいね! (^^)/


紫陽花 2  NO 6369


これから暫く紫陽花の花が続きます ♪ 
今年も花屋さんに行くと 沢山の新しい品種の紫陽花があって目移りして
あれもこれも連れて帰りたい衝動に駆られましたが ちょっぴり我慢!
まずは植える場所を確保して よく吟味してと考えを改め眺めるだけに
でも 連れ帰りたい子たちには 目星を付けて今度 行った時に ♪

紫陽花は色が豊かで種類も多いのと とても育て易いので会社屋拙宅でも
次々に増えてしまいましたが 手入れは本当に少なくて水遣りだけを
しっかりとすれば 鉢植えでも すくすく育ってくれます ♪
この季節には ピッタリの紫陽花の花  ♡

それでは
今日も 元気に お過ごしくださいね (^^)/


美しく咲いて ♪  NO 6368


紫陽花の花が次々に咲き始め 色とりどりの美しい花が心和ませてくれ
とても嬉しい季節 ♪ 毎年 次々に増える紫陽花に場所を確保しながら
会社も拙宅の庭も 次第に大きく成長をしていく紫陽花に愛でる時間も
増えています ♪ 行き交う人も 「まぁ!綺麗~!!」 と喜んで
くださり 声を掛けてくださいます (*^^*) それも嬉しくて ♪

雨も上がりました 今日から少しお天気が良さそうです
皆さんにとって 素晴らしい一日になりますように ♡ (^^)/


遅ればせながら  NO 6367


昨日は 疲れが出て ちょっとお休み (^^;)
友人のご主人が亡くなり すべてを任されてバタバタとして 金曜日の
夜中から寝る間もなく 行ったり来たりで疲れたみたい ・・・
丁度 雨も降り 少しゆっくりさせていただきました

友人達から 「体は大丈夫?更新されてないから心配してるよー!」 と
メールや談話が入り 心配をしてくれて本当に有り難い限りです ♡

ボチボチゆっくりと 無理せず仕事も何事もしなければなりませんね ♪


香草(ハーブ)  NO 6366


我が家の香草(ハーブ) 「ディル」 とても重宝に使っていますが
花は まるで大輪の花火のようで とても綺麗です ♪
他にも沢山のハーブを植えていますが どれも使い勝手が良いものばかり
次々に増えるハーブですが 我が家の皆はハーブ好き ♡
何かしらの料理に入っています! (^^)v

さて
昨日の検査結果は 少し要注意事項の所見はありましたが経過観察になり
ホッと一安心! (*^^*)
ところが また検診での 要精密検査の結果と紹介状が届きまして (^^;)
今度は もっと大きな病院で 14日に検査を受けることに ・・・
「今年は 当たり年だわ~!」 と呟きながらも 気を付けなさい!と
言われているような気がして これも有り難いと感謝しながら
気持ちは持ちようですからね ♪

それでは 今日も素晴らしい一日になりますように ♡ (^^)/


ホタル  NO 6365


ホタルの飛び交う季節になりました ♪ 昔と比べて本当に少なくなって
見れる所も限られて来ましたが やはり風情がありますね ♡
いつまでも ホタルが見れる環境を保てるよう 微力ながら努力をしたい
そんな風に思います! (*^^*)
さて
今日は検査の日 麻酔をかけ終わるまで眠らせてもらっての検査ですが
ちょっぴりドキドキ ・・・ (^^;)
きっと何事も無く「大丈夫でしたよ!」 そんな結果が出ることを祈り
行って参ります!

皆さんも 健やかにお過ごしくださいね ♡


青空と薔薇  NO 6364


もう終わりかな・・・? と思っても 次々に咲く薔薇の花 ♡
見ているだけでも心が和むのに 香り高い薔薇は何とも言えなく幸せな
気持ちにさせてくれますね ♡ 青空に映える景色も素敵です ♪ 

❀*°*°∴.。. :**❀°*°・*:.。. .。*❀*°*°∴.。. :** ❀*°*°∴.。. :**❀°*°・*:.。. .。*

『未来はつくるもの 生み出すもの』    = 松下 幸之助 =
 
未来は このようなものになるだろうと予測をしても
必ずしもその通りになるものではない 好ましい未来をひらくためには
将来のビジョンを描き その実現に向かって なすべきことを
着実になしていかなければならない 未来は 予測すべきものではなく
自ら創造していくべきものなのである